オシャレ・Tシャツ

Tシャツの歴史・オリジナルTシャツの作り方など、Tシャツの”色々”を書いています!

  TOP_page  >  ファッションとTシャツ

ファッションとTシャツ

モード界と呼ばれるファッションの世界で、Tシャツがベーシックアイテムとして登場したのは、1960年代のことでした。

その当時、Tシャツはストリートでも受け入れられるようになっており、自分でオリジナルのTシャツを作るほか、有名ブランドからも次々とブランドが発表されるようになりました。
例えば、クリスチャン・ディオールやニナ・リッチ・ジャック・エイムなどといった、様々なデザイナーズブランドが、デザインTシャツを発表しています。

そうした一方では、既製の服メーカーなども、デザインの良いTシャツを作るようになりました。

1960年代後半から1970年代前半にかけて、ヒッピー・ムーブメントを作り出した若者たちによる「ラブ&ピース」運動・そして、後年に起こったパンクムーブメントなど、若者たちが自由を求める思想・そして、メッセージを容易に伝えられるツールとしてのTシャツが、見事にマッチし、それまでは”メンズファッション”として捉えられていたTシャツを、今度は多くの女性達も着こなすようになっていきました。

こうした流れの中で、Tシャツは多くのカラー・そしてデザインが作られるようになりました。

1980年代に入ると、ファッションブランド・”ヴィヴィアン・ウエストウッド”が、音楽や思想を背景にした”パンクファッション”を確立。また、ロックアーティストたちも、Tシャツを自らのスタイルとして着こなしていくようになります。

こうして、Tシャツが若者文化と結びついていく一方で、スポーツウェアとしての、機能性を重視したTシャツもこの頃広まりを見せていくようになります。また、ブランドロゴの入った高価なTシャツが広まっていく最中、そのブランドロゴの印刷されたコピー商品が出回り、またはその乱用・パロディ文化も生まれてきました。

1990年代に入ると、1980年代までに起こった様々な社会情勢や若者文化など、様々な要素がうまくミックスされていきます。

それまで主にカジュアルとして着こなされていたTシャツが、ジョルジオ・アルマーニらによって、スーツにTシャツを合わせるスタイルを発表するなどした結果、”ミニマル・ファッション”が誕生し、また、この頃には環境問題・リサイクリングなどの世論の関心も高まってきたことを背景に、Tシャツにもオーガニック綿を利用したものが登場してきました。

そしてTシャツは、有名デザインナーらの提案・そしてカジュアルフライデーなどの普及もあって、ビジネスの場でも許容されていったのです。

こうして、ファッションとして着こなすこともできる”ラグジュアリーTシャツ”として、数多くのデザイナーたちが、Tシャツを使って、それぞれのデザインをコレクションで発表するようにまでTシャツは成長したのです。

check

ページ上部へ